株式会社コーヨーテクノス

トップページ » 採用情報 » 各職場の先輩メッセージ

各職場の先輩メッセージSENIOR MESSAGE

REAL REPORT01

チャレンジできる職場です

大草 勉製造部製造2課配線係

コーヨーテクノスに入ったきっかけは?
他の会社からの転職です。もともと製造業に就きたいと思っていまして、特に基板関係の細かい仕事に興味があったのですが、たまたまこの会社に先輩がいて紹介してもらい入社しました。
入社して実際に仕事をしてみての感想は?
入る前から話は聞いていたのですが、本当に細かい仕事でした。最初は心配だったのですが、技術は仕事を通して身に付けることができます。現在は、プローブの電極に直径0.4ミリのエナメル線を手作業で挿す仕事を担当しています。
仕事の達成感を感じるのはどんな時?
電線を挿す穴が500くらいあると4時間から5時間かかります。しかも間違いは絶対に許されません。そういった緊張感の中で順番どおりに挿して間違いがなかった時に達成感を感じます。
今後の目標は?
先輩方のように、もっと細い線を手早く挿せるようになって作業時間を短縮すること。先輩の皆さんはとにかく早いです。
職場の雰囲気はどうですか?
皆さん仲がよく、いい雰囲気で仕事をしています。私のような未経験者でも受け入れてチャレンジさせてもらえる働きやすい職場です。

REAL REPORT02

技術の向上がやりがい、
頼りになる先輩が大勢いる会社です

寺平 磨保製造部製造1課ピン植係

現在どのような仕事をしていますか?
口頭で説明するのはなかなか難しいんですが、前工程から送られてくる何枚ものプレートをネジで組み立てて、そこに110μから20μといった極細いプローブピンを植える仕事をしています。
入社の動機はどのようなことでしたか?
以前、弊社と取引のある会社に勤めていたのですが、細かい仕事が好きで業務内容にも興味があったので、製造部長に面接を受けさせていただいて転職しました。でも入社して実際に仕事をしてみて予想以上に細かく精密な作業だったのでびっくりしました(笑)。でも、自分の得意分野なのでよかったと思っています。
仕事のやりがいはどんなところに感じますか?
扱えるピンがだんだん細くなっていることです。細いピンは持っただけで曲がってしまいます。入社当初、110μだったものが今は30μのものを扱わせてもらっているので、それを仕上げた時にやりがいを感じますね。
今後の目標は?
プローブの形や組み立て方にもいろいろな種類があります。誰かに聞かなくてもわかるように早くなりたいと思います。
どんな雰囲気の会社ですか?
入社してまず感じたのは、「いい雰囲気の会社」ということでした。和気あいあいとしている中で、一人一人がしっかりと仕事をしているなーと。頼りになる先輩が大勢いて、真剣に仕事をしていれば認めてもらえる会社です。

REAL REPORT03

明るい職場で充実の毎日

木村 仁美営業技術部

入社理由と現在の仕事は?
最初は派遣会社からの派遣で働いていましたが、正社員になりたいと思い応募しました。応募理由は、派遣社員として、日頃、社員の皆さんの仕事ぶりを身近で見ていて、人間関係も良好で働きやすい会社だと思ったからです。仕事は派遣時代から営業マンのアシスタントで、電話応対や伝票処理、見積書作成などの業務を担当しています。
仕事のやりがいはどんな時に感じますか?
営業のアシストとして日頃から外部のお客様と第一線で接する仕事なので、第一印象をよくするように、ミスがないようにと気を使いますが、名前を憶えていただいたり、大きな仕事をミスなくできて契約が成立したりしたときは充実感を感じます。それだけに、自分が確実な仕事をしなければという責任感も湧いてきますし、やりがいに繋がります。
社内の雰囲気はどうですか?
いい方が多いです。働きやすくてとてもよくしてもらっています。人間関係で悩むこともなく毎日が充実しています。この会社に入って本当に良かったと感じています。

プリント基板及び半導体検査に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご相談ください。

TEL
0266-73-5237
FAX
0266-73-0155